どの位かりられますか

 

長期融資用を借りたい場合はいくらぐらいまでなら借りられるのでしょうか。
大口融資を希望される方がほとんどの長期融資について借入額の上限を知っておきましょう。

 

長期融資は事業資金や起業資金、教育ローンなど種類もたくさんありますので、それによって融資限度額は変わってきますし、融資する機関によっても変わってきます。
一番大きい金額を融資してくれるのは国などの公的機関で、中小企業向けの事業資金などですと最高7億程度と、億単位での融資が可能なようです。

 

起業資金ですと、4000千万円〜6000千万円程度と数千万円単位の融資になっています。
逆に教育ローンでは数百万円が最高限度額になっていますので、融資目的によって限度額にも開きがあります。
上記は国の公的機関になりますので、その他の自治体や銀行などはそれ以下の金額になる場合が多いと考えておいてください。

 

教育ローンを除く、事業資金や起業資金など自営業者向けの融資は、融資担当者との面談や事業内容を重視する傾向があります。
どういった仕事内容なのか、将来性はあるのか、予定する売上はどれくらいかなど、詳細な事業計画書を練り上げて提出しなければなりません。
またそれに基づいて面談が行われるのが一般的で、融資担当者にプレゼンテーションするような感じです。
かなりの手間がかかりますから面倒と感じてしまう人も多いようです。

 

何千万円や何億円などそんな金額は必要ないから、もっと手軽に借りたいと思う人もいるでしょう。
そんな人には、無利息期間のあるカードローンをお勧めします。
消費者金融や銀行カードローンなどの一般金融機関で行われている無利息サービスは、一定期間であれば金利0円で利用ができるという画期的なサービスです。
もちろん期限内に全額返済すれば元金のみの返済で住みますので大変お得です。
即日融資可能というところも多いですから、急ぎの方でも問題なく利用できます。

 

お得で便利な無利息期間のあるカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

審査が早く無利息期間のあるキャッシングはこちら