公的機関から融資が下りるまでの期間は

 

国の公的機関に融資を申し込んだ場合はどのくらい待てばよいのでしょうか。
急いで借りたい方も多いと思います。
こちらでは公的機関の審査についてお答えします。

 

日本政策金融公庫に代表される国の公的機関へ融資の申し込みをすると、審査には少なくとも1ヶ月はかかると思っておいた方が良いでしょう。
少なくとも1ヶ月ですから、当然それ以上かかってしまうケースもあります。
なぜここまで時間がかかってしまうのでしょうか。

 

まず日本政策金融公庫など国の公的機関への申し込みには、たくさんの提出書類が必要です。
それが何を意味するかというと、それだけ審査を慎重に行うということなのです。
日本政策金融公庫などの公的機関では、金利は1%台という低金利、限度額も1千万円以上借りられるところもありますので、使い勝手が非常に良いです。
低金利で高額融資してくれるところで借りたいと誰しもが思いますよね。

 

だからこういった公的機関への融資申し込みをする人はとても多いのです。
しかし世の中そんなにうまい話はありません。
やはり低金利の高額融資にはそれなりの審査が必要になるという訳なのです。
公的機関へ提出しなければならない書類は

  • 身分証明書
  • 源泉徴収書(直近分)
  • 通帳コピー
  • 公共料金の明細書(何ヶ月分か)
  • 住民票

など、この他にもローンの種類によって揃えなければならないものはあります。
急いで融資を希望している方にとっては、審査の時間はかなり痛いと思います。

 

そういった方が低金利で融資してもらえるところをご紹介いたします。
それは無利息期間ありのカードローンです。

 

消費者金融や銀行カードローンなどで、初めて利用する顧客を対象に一定期間を無利息にして融資するサービスを展開しているところがあります。こちらでしたら、申し込んだその日に融資をしてもらえますし、なおかつ一定期間無利息で利用ができます。
もちろん期間内に完済すれば元金のみの返済で良いのです。
お急ぎの方はぜひこちらを利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

審査が早く無利息期間のあるキャッシングはこちら