使用用途が決められていますか

 

長期融資は何に使っても構わないのでしょうか。
できたら自由度が高い借入先から借りたいという方が多い長期融資の使用用途について知っておきましょう。

 

公的機関や銀行などの長期融資は、使用用途を絞って融資するというところがほとんどです。

  • 個人事業主向け
  • 中小企業向け
  • 起業者向け
  • 教育ローン

など、融資を受ける理由別に申込先も分かれていますので、教育ローン名目で借りたお金を他に利用するということは不可能なのです。
内緒で他に流用していたのが、融資した側にバレてしまった場合はそれなりのペナルティがあると思っておいてください。
なので、公的機関や銀行などからの長期融資を受ける場合には、使用用途を明確にして申し込む必要があるのです。

 

借りたお金を自由に使いたいという方には向いていないかもしれません。
そういった方は、消費者金融や銀行カードローンなどの一般金融機関を利用すると良いでしょう。
こちらの一般金融機関でしたら、使用用途を絞っておらず、本人の自由に利用して良いという規定になっています。
借りたお金は誰に何を言われることもなく、自由に利用できるのです。
しかしこういった一般金融機関でネックになるのが、金利だと思います。

 

公的機関や銀行などの長期融資は低いと1%台という低金利で利用ができますが、一般金融機関はそういきません。
しかし一般金融機関で無利息期間ありのカードローンがあるのをご存知でしょうか。
初めて利用するお客に限り、借りたお金が一定期間無利息になるというサービスです。

 

これは各業者によって期間や金額は異なりますが、期間内に全額完済すると元金のみの返済で良いので、かなりお得です。
公的機関などでも無利息でお金を貸すということは、特別な事情がない限りしませんから、こういったサービスをどんどん活用するに越したことはありません。
加えて一般金融機関は即日融資も可能ですから、急ぎで融資を希望の方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

審査が早く無利息期間のあるキャッシングはこちら