必要書類は何がいりますか

 

長期融資の審査申込みの際に用意しておく必要書類は何があるのでしょうか。
1日でも早く終始してもらえるように揃えておきたい書類一式をご紹介します。

身分証明書

こちらは顔写真・住所・生年月日が記載されている免許証が一番ベターです。
免許証がない場合はパスポートで代用できるところもあります。
免許証に記載されている住所が現在住んでいる住所と違うという方もいらっしゃると思います。
こちらは早急に最寄りの警察署に出向いて住所変更してください。
公的機関や銀行などの長期融資は身分証明書を厳格に調べますので、違う場合は突き返されてしまう可能性が高いです。

収入証明書

お勤め人の方は

  • 源泉徴収書
  • 住民税課税決定通知書
  • 自営の方は
  • 確定申告書

などです。
共通して言えるのは、公的機関が発行しているものという点です。いずれも申込日の直近年分が必要になります。
中にはさかのぼって2〜3年分必要というところもありますので、用意しておいた方が良いでしょう。

 

以上が基本的にどこの機関でも必要な書類です。

その他

  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 通帳コピー
  • 事業計画書

など、ローンの目的に応じた書類が必要になります。
今は長期融資先のホームページで必要書類一覧が見られますので、そちらを参考になさってください。

 

こう見るとかなり揃える書類がありますから、少し面倒に感じてしまうかもしれません。
さらに審査は1ヶ月以上かかることはザラですから、急いでいる方にとっては時間が気になってしまいます。

 

そこでお勧めするのが、無利息期間ありのカードローンです。
消費者金融や銀行カードローンなどの一般金融機関で行っているサービスで、一定期間無利息になるというものです。
こういった一般金融機関は、即日融資は当たり前なので急いでいる方にはお勧めです。
さらに期間内に全額返済すれば元金のみの返済で良いので、かなりお得です。
ぜひ無利息期間ありのカードローンを利用してみてください。

 

 

審査が早く無利息期間のあるキャッシングはこちら