保証人や担保が用意できないのですが

 

長期融資は大きな金額の融資を希望される方も多いです。
連帯保証人や担保の用意を求められるのでしょうか。
また、用意できないと断られるのでしょうか。
こちらで解説します。

保証人や担保を付けるように言われた場合

審査の過程で、融資する側から要請があった場合、付けることができなければ、残念ながら融資はお断りになってしまいます。
大きな金額の融資は、融資する側もリスクの高いものになります。
少しでも何か担保をつけておきたいと思うのはしょうがないことです。
保証人や担保を付けると、その分金利も低くなる傾向がありますので、何が何でも低い金利で利用したいという方は、予め保証人や担保を用意しておいた方が良いでしょう。

無担保無保証での融資を希望できる

公的機関や銀行などの長期融資には、予め無担保無保証での融資でとお願いすることもできます。
こちらの場合は、付ける場合と比べて若干金利は高くなってしまうようですが、保証人も担保もない場合は、最初から融資する側に伝えておくことが必要です。
無担保無保証で金利も安く借りられるとなると、何も公的機関や銀行などから借りる必要はありません。

 

消費者金融や銀行カードローンなどの一般金融機関では、無利息期間ありのカードローンがあるのです。
無利息期間とは、読んで字のまま一定期間無利息で借りられるという意味です。
通常金融機関は顧客からもらう金利が利益になりますので、無利息サービスはかなり画期的なことなのです。
もちろん、一定期間内に全額完済すれば元金のみの返済で良く、利息が0円で済みます。
金額や期間は各カードローン会社によって違ってきますので、申し込む際に確認してみてください。

 

こういった一般金融機関では信用貸しで融資をするため、原則無利息無保証で融資を受けられます。
加えて即日融資も可能ですから、低金利でかつ急ぎで現金が必要という方には大変お勧めです。
ぜひこういった無利息サービスを行っているカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

審査が早く無利息期間のあるキャッシングはこちら